惜しまれる人の告別式

昨日は大変寒く、事務所ではストーブを出してきてたくほどでした。

ツイ先週は暑くて半袖で過ごせた日があったのですから 気温の変化は異常です。

庭先にある鉢植えのレモンの木はこの間からアゲハチョウの幼虫がワンサとついていて幼虫が結構大きくなってはいましたがすべての葉を食べ尽くしてしまいました。あの幼虫たちはどこへ行ってしまったのでしょうか。数匹はそこらの建物の陰にさなぎになってはいますが・・・。

 

昨日は悲しい葬式がありました。取引先の社長さんが56歳という若さでお亡くなりになってしまったのです。

私は本当に仕事は勿論のこと 友としても良き人でお世話になりました。

「千の風になって」という詩そのままの思いです。

ただ葬式にでて線香をあげるだけでは気が済まないという思いから、弔辞を述べてきました。

 

本当に沢山の会葬者で改めて個人の人柄が偲ばれます。

私とちょうど一回り若い方でしたが、あれほど多くの方に慕われる人は少ないとは思いますが、少しでも自分も見習わせてもらって年を重ねて行こうと思います。

 

合掌