弥栄

昨日はボーイスカウト長野県連盟の総会が辰野町公民館で行われました。

来賓、表彰者、関係出席者役150名の参加者でした。

 

長野県内には22個団の組織があり5つの地区に区分されて運営されています。

このうちの私達が所属している伊那地区が今回の総会の担当地区と言うことで、総会開催準備に一か月程かけてきました。

昨日は朝6時に飯田を出て、帰宅は夕方の6時半、まる一日かかりました。

 

総会に先立っての理事会、知事を先とする来賓を招いての開会式、活動する指導者やスカウトの表彰式・総会・閉会式、そして懇親会と朝の準備から片付け、運営と休む間もなく行われましたが、この中で私達がホストとなると今回私は伊那地区委員長と言う立場上、総会の議長も行ったりと、一日気を緩めることも全くできませんでしたが、成功裡に無事終了することができました。

 

このことは改めてボーイスカウトの人達の結束力と行動力の賜物と感心してしまいます。

指導者は皆ボランティアです。私もその指導者の端くれではありますが、他の指導者たちを見ていると私ではとても足元には及ばないほどの活動をしています。

 

飯田第一団も発団してもう60年ほどになりますが、この間多くの指導者の下、数百名のスカウトが立派な社会人に育っていっています。

「なろう。一人前に」「そなえよつねに」を合言葉・スローガンにして活動していますが、私も日ごろの生活の支えとしてこの精神を大切にしてきています。なかなかできそうでできないのが現実ではありますが、未来を担う子供たちが一人でも多くそんな精神で大きく育っていってほしいものです。